mineoは店舗申し込みのメリットデメリットのご紹介!ネット申し込みとどっちが良い?

格安SIMの最低利用期間の注意点のご紹介

 

 

格安SIMでは大手キャリアのように2年ごとに解約月が設定される
いわゆる2年縛りの利用契約ではなく最低利用期間というものが設定されています。

 

 

格安SIMでの最低利用期間とは音声通話SIMで12ヶ月
データ通信SIMで0ヶ月が基本で設定されています。

 

 

格安SIMの最低利用期間は期間を過ぎるとデータ通信SIMは初月から、
音声通話SIMでも12ヶ月を過ぎると違約金無しにいつでも解約が可能となります。

 

 

そのため大手キャリアで設定されている2年縛りで違約金を払って解約していた方は
この格安SIMの最低利用期間はとても使いやすい契約になっているのです。

 

 

しかし最近ではこの格安SIMでの最低利用期間に
いくつか注意する必要が出てきています。

 

格安SIMの最低利用期間の注意点をご紹介させて頂きます。

 

 

格安SIMの最低利用期間の注意点は?

格安SIMの最低利用期間の注意点のご紹介

 

格安SIMでは基本的に上での記載させて頂いた通り
音声通話SIMでのみ12ヶ月の最低利用期間が設定されています。

 

 

またデータ通信SIMでは最低利用期間は設定されず
お試しで格安SIMを利用してみたい方にとても支持されています。

 

 

しかし最近の格安SIMキャリアの傾向が長期利用者優先となり
この最低利用期間が2年間以上も長期に設定されている場合があるのです。

 

 

この長期の最低利用期間は主に1万円から2万円の割引キャンペーンと
併用されている場合が多くお得さにつられて契約してみると
2年以上の最低利用期間が設定されていて困惑する事態となってしまうのです。

 

 

またお得な割引がある料金プランにはかけ放題オプションが
最初から組み込まれている場合が多いのでこちらもしっかりと
最低利用期間を考えてトータルでの金額を計算してから申し込まなければなりません。

 

 

 

またキャリアによっては端末の大幅割引と引き換えに
大手キャリアと同じ自動継続付きの2年縛りとなる場合もあり
格安SIMを検討されている方は最低利用期間や利用形態の確認は
必ず行わなければならなくなっているのです。

 

 

 

格安SIMの最低利用期間は大手キャリアの2年縛りと比べて
とても使いやすく、利用期間さえ過ぎてしまえばご自身のタイミングで
キャリア変更が可能となりとてもメリットのある利用形態でした。

 

 

しかし最近の格安SIMで設定されている最低利用期間は多様化が進んでいるので
格安SIM申し込みの前には必ず最低利用期間をチェックするようにしてくださいね。

 

 

どうしても長期の最低利用期間は避けたいという方は端末割引はありませんが
ご自身で最適のプランを選択できる通常プランを申し込むようにしてくださいね。

 

 

通常プランなら今のところ最低利用期間がデータ通信SIMで最低利用期間の設定無し、
音声通話SIMで12ヶ月のみとなっていますよ。