mineoは店舗申し込みのメリットデメリットのご紹介!ネット申し込みとどっちが良い?

格安SIMの平均通信速度ってどのくらい?注意点はあるの?

 

 

大手キャリアでは実測値で27Mbpsから120Mbpsが計測され
平均でも100Mbps近い通信速度でデータ通信が可能となっています。

 

 

一般的にスマホアプリやwebサイトの表示には3Mbpsから5Mbps程度が
必要されると言われているので大手のキャリアの通信速度は
すでに十分すぎるほどの通信品質で提供されている事になります。

 

 

では格安SIMの通信速度や平均通信速度、通信品質はどうでしょうか。

 

格安SIMの通信速度についてご紹介します。

 

\mineoのお得なキャンペーン申し込みはこちら/

mineo店舗申し込みのメリットデメリットは?ネット申し込みとどっちが良い?

トップへもどる

格安SIMの通信速度と平均通信速度はどうなの?

格安SIMの平均通信速度ってどのくらい?注意点はあるの?

 

 

格安SIMの日常使いで一番重要となるのは通信速度です。

 

 

 

格安SIMの月額料金はよっぽどの大きいデータ通信量プランを
選択しない限りは月額2000円台で利用する事ができます。

 

 

月額料金的に格安SIMに不満を持つ方はいらっしゃらないでしょうが
日常使いの通信速度はどうでしょうか。

 

 

私自身が去年1年間で測定した格安SIMの通信速度は
最小で1Mbps、最高速度で100Mbps以上となりました。

 

 

これらの平均値は私の実測値ではありますが平均で20Mbps程度となります。

 

 

また格安SIMの雑誌などの発表ではそれぞれ多少の違いがありますが
大体8Mbpsから15Mbps程度に収まっています。

 

 

格安SIMの通信速度は利用者の数や時間帯、地域によって
かなりばらつきがありますがウェブサービスを利用できる理論上の最低通信速度である
3Mbpsを平均で大きく上回るので格安SIMの通信速度はまったく問題がない事がわかります。

 

 

格安SIMの通信速度が心配で大手キャリアから変更するのをためらっている方
意外と満足できる通信速度であるといえるでしょう。

 

 

ただ、格安SIMの通信速度で注意しなければならないのは
お昼の通信速度についてです。

 

 

それでは私が実際に利用したお昼の通信速度の印象について解説させて頂きます。

 

トップへもどる

格安SIMのお昼の通信速度ってどうなの?

 

 

 

格安SIMのお昼の通信速度の低下は色々なサイトや雑誌で紹介されているので
格安SIMの通信速度が気になる方の関心がとても高いのが特徴となっています。

 

 

実際に私が計測したお昼の通信速度は1Mbpsから10Mbps程度となっています。

 

 

私が格安SIMを利用し始めた2年ほど前は大体12時から13時の1時間で
通信速度の低下がみられ実測値では1Mbpsとなっていました。

 

 

しかし最近の格安SIMキャリアで1Mbpsとなるのは12時30分から
10分から20分程度と時間が短くなりとかなり改善している事がわかります

 

 

また通信速度が優秀なUQmobileなどはお昼の時間帯でも10Mbpsを超え
格安SIMの通信速度のデメリットはまったく感じない素晴らしい格安SIMキャリアとなっています。

 

 

格安SIMのお昼の通信速度の印象

  • 利用者の多い地域では1Mbps程度の通信速度になる
  • 1年前よりお昼の通信速度低下の時間が短くなっている
  • UQmobileでは通信速度に関して全く不安はない

 

 

つまり現在の格安SIMの通信速度はお昼の数十分をどれだけ我慢できるかによって
満足度が大きくかわる印象となっています。

 

 

私も大手キャリアから格安SIMに変更する時に一番不安だったのは
使い物にならない安かろう悪かろうの通信品質だったのですがイメージの数段の上の
通信品質が提供されこれなら使い続ける事ができると安心した記憶があります。

 

 

格安SIMの通信速度が心配な方は思っている以上に通信品質が高いので
安心して格安SIMに変更して頂いて良いと思いますよ。